保険料と負担金

厚生年金保険料 特例業務負担金

 

 

厚生年金保険料
 
厚生年金保険料は給与と賞与の両方が対象となり、被保険者(役職員)と事業主が折半負担します。
保険料率は、毎年、0.354%ずつ引き上げられ、平成29年9月に18.3%となります。
農林漁業団体には、平成20年9月まで「上乗せ保険料」が加算されてきましたが、平成20年10月からは一般の保険料率が適用されています。
   
 
img
   
  保険料額表
  [平成28年9月分から29年8月分]