年金給付の概要

年金を受ける年齢 老齢厚生年金・老齢基礎年金 特例老齢農林年金 特例老齢農林年金

対象者 一時金の額

支給と請求制限

再就職に伴う一部返還

税金の取扱い

税金の取り扱い

年金の構成
 
■一時金はご本人の請求により支給します
特例老齢農林一時金は、特例老齢農林年金の受給権者の請求により、請求のあった日の属する月の翌月以後に支給される予定の年金を一時金に換算して支給します。
このため、一時金の請求のあった日の属する月までの分は年金払いとなります。
例
■年金支給停止中は一時金を請求できません
特例老齢農林年金は、受給権者が厚生年金の被保険者である間、全額支給停止となります(在職支給停止)ので、この間は一時金の請求はできません。
退職(厚生年金被保険者資格を喪失)し年金の在職支給停止が解除されたときから一時金を請求することができます。
63歳まで再雇用
■併給調整による支給停止者の取り扱い
併給調整(注)により農林年金の特例遺族または障害年金を受給選択している方が一時金を請求すると、その請求月の翌月分以降の特例年金給付は支給されないこととなりますので、「年金か一時金か」の選択は慎重に判断してください。
特例障害共済年金
例4