年金給付の概要

年金を受ける年齢 老齢厚生年金・老齢基礎年金 特例老齢農林年金 特例老齢農林年金

年金の構成  老齢厚生年金の
受給要件
 

年金額の計算
(60歳代前半)

年金額の計算
(60歳代後半)

年金額の計算
(加給年金)

 

 

年金の構成
 
■60歳から64歳までの年金(特別支給の老齢厚生年金)
老齢厚生年金は本来65歳から支給されますが、昭和36年4月1日までに生まれた男性および昭和41年4月1日までに生まれた女性には、経過的に65歳前から年金が支給されます。これを「特別支給の老齢厚生年金」といいます。
特別支給の老齢厚生年金は、定額部分(1階部分)と報酬比例部分(2階部分)の2つから構成されます。
■65歳以降の年金(老齢厚生年金と老齢基礎年金)
65歳になると老齢厚生年金の「定額部分」に代わって、国民年金から老齢基礎年金が支給されます。
老齢厚生年金は、引き続き「報酬比例部分」が支給されます。
65歳まで支給されていた「定額部分」より「老齢基礎年金」の額が下がる場合は、その差額が老齢厚生年金に加算されます。これを「経過的加算額」といいます。
■加給年金
原則として厚生年金期間が20年以上ある人で、この人によって生計を維持されている65歳未満の配偶者等がいる場合に支給されます。
 
 
img